“いのち”と向き合う

「東京多摩いのちの電話」を長年バックアップ

昨今の社会には、生活苦や人間関係のストレス等で誰にも相談できずに悩んでいる人、あげくに自殺にまで追い込まれる人が大勢います。「東京多摩いのちの電話」はこうした人たちをサポートするために活動しているNPO法人ですが、ほとんどの活動資金を団体・企業・個人からの寄付に頼っているのが現状です。八洋は多摩発祥の企業として地域に貢献したいという創業精神により、1992年以来継続して「東京多摩いのちの電話」への寄付活動を実施。尊い命を救う活動を地道にバックアップし続けています。

救われる命がある、そのひとつの方法が自動販売機+AEDです

AED(自動体外式除細動器)を付帯・搭載した自動販売機八洋では、心室細動時の応急処置に役立つAED(自動体外式除細動器)を付帯・搭載した自動販売機を業界の中でも率先して取り扱っており、設置台数は既に1,000台近くに達しています。AEDは心臓麻痺などを起こして倒れた人に対し、その場にいる人が使用し救命するための器械です。心臓麻痺を起こした場合、救急車や病院に搬送されてから治療しても間に合わないことが多く、これまで多くの人の命が救われずにきました。しかし一般の人でも簡単に使えるAEDが至る所にあれば、急な事態に救える命が確実に増えるのです。八洋ではAEDの導入推進に向けて、救命講習を修了した社員を本社と各事業所に配属し、AEDに関する知識と技能の向上に努めています。社会貢献やCSR推進の一環として、AED付帯・搭載型自販機の導入をご検討ください。
※救命講習受講者が設置先にいる事が必要です。
※屋内設置専用です。
※専用ボックスの扉はいつでも開きます。扉を開けるとブザーが鳴り、周囲に緊急事態を知らせます。
※AEDは電源が入れば音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でも使用できます。

AED

AED付帯・搭載型自販機についてのお問い合せはこちら

フリーダイヤル :
0120-018-788 受付時間:9:00〜18:00(土日・GW・夏季・年末年始休業日除く)
E-mail :
eigyohonbu-tanto@hachiyoh.co.jp

サイトマップこのサイトについてお問い合わせ