HACHIYOH NEWS FLASH

VOL.067

都内警察署での募金型自販機設置が過半数に

設置するだけでSDGs推進につながる仕組みとして高い評価

八洋が1994年以来提唱者として普及を牽引し続けている募金型自販機(ボランティア・ベンダー)は、「設置するだけでSDGs推進が実現でき、社会貢献につながる仕組み」として近年脚光を浴び、官公庁・各種法人・施設などで続々と設置が進んでいます。

そして警視庁管轄下にある都内102の警察署でも、着実に募金型自販機への切り替えが進み、おかげさまで設置率が全体の半数を超えました。

今後も八洋は、飲料代金の一定額が各種公益団体に寄付される募金型自販機の設置普及に努めることで、広く社会に貢献して参ります。


右から戸塚警察署上垣外署長、公益社団法人被害者支援都民センター染谷専務理事、後藤社長


左から牛込警察署岩田署長、後藤社長、公益社団法人被害者支援都民センター染谷専務理事


2022年8月5日

ニュースフラッシュ TOPへ

サイトマップこのサイトについてお問い合わせ