SDGsへの取り組み

Hachiyoh's SDGs

気候変動に具体的な対策を

目標13気候変動に具体的な対策を

省エネ型の環境にやさしい機種を積極導入

自動販売機は街の至るところで24時間稼働しており、全国にある自販機の消費電力を合計すると発電所1基分に相当すると言われています。

そこで消費電力を抑えて環境への負担を軽減するため、八洋では午前中に商品を冷やし込み、13~16時の電力ピーク時に冷却運転を停止するエコ・ベンダーの設置や、高輝度ながら10~90%の範囲で光量調節ができ省エネにもつながる新LED照明の導入を進めています。

さらに新たな取り組みとして設置を進めているのが、真空断熱材で覆った魔法瓶のような構造を持つ「魔法VIN自販機」です。電力需要の少ない夜間に冷やし込みを行い、電力需要が高まる9~17時にかけて冷却運転を停止しても飲み頃の7℃をキープするため、高い省エネ効果が実現できます。

「オフセット・プロバイダー」としてカーボン・オフセットを推進

自販機は365日フル稼動することにより多くのCO2を排出します。そこで八洋は「オフセット・プロバイダー」として国別登録簿に会社口座を開設。自社のすべての自販機を「カーボン・オフセットベンダー」(CO2ゼロ自販機)とすることで、お客様が設置された自販機が年間に発生するCO2に相当する量の排出権を、お客様に代わって日本政府に無償譲渡。京都議定書上の日本のCO2排出量削減目標(1990年比ー6%)に直接貢献しています。(お客様にも費用の一部をご負担いただき、八洋と一緒に環境に貢献するスキームもあります。)

対象自販機にはステッカーを貼り、八洋よりカーボン・オフセット証明書をお客様に発行します。

サイトマップこのサイトについてお問い合わせ